特別講座>>【特別教室】 健康な土壌と野菜~ペットボトルでつくる菜園教室(実食付き)
【特別教室】 健康な土壌と野菜~ペットボトルでつくる菜園教室(実食付き)

アンコールにお応えして、再開いたします!

毎回、ご案内して直ぐに満杯になってしまった講座です。

 

 『健康な土壌と野菜~ペットボトルでつくる菜園教室(実食付き)』

 

土壌には無数の微生物が生息しています。

1グラムの土の中に数億の微生物が存在するといわれているくらいです。

しかし、土の管理や化学肥料などによって、大切な微生物も消滅してしまうことも少なくないようです。

ではどのような土壌が健康といえるのでしょうか。

それは、私たちの腸内環境と同様に土もしっかり発酵させるために微生物のバランスが大切なようです。 

 

農作物の生産者さんに土壌作りに必要不可欠な微生物の働きを指導されていらっしゃる、元気な野菜が育つ土壌作りのエンジニア、安武昭さんと日暮一允さんをお迎えし、健康な土壌とは、またそこでできた野菜についてお話をおうかがいいたします。

 

当日は長野、瀬戸内、島原、福岡など全国各地から集められた産直の美味しい野菜や果物をみなさんにいろいろと食していただき、本来の野菜の美味しさを体感していただきます。

 

「みなさんが美味しいと思われる野菜の基準はなんですか? それは甘い野菜ではなく、また食べたいと思える野菜ではないでしょうか」

と安武さんは問いかけています。

 

今回は、ワークショップとして、2リットルのペットボトルをプランターに仕立てて野菜を育てる準備をいたします、それをお土産で持ち帰っていただきます。

 

さあ、微生物のメカニズムを知って、美味しい野菜を食べて、環境づくり美人、腸内美人を目指しましょう。お土産付

(写真はイメージです。)

日時:2018年1月13日(土) 10:30~12:30(15分前から入室可能)

場所:日本発酵文化協会東京会場(祐天寺) →mapはこちら

講師:安武昭 →講師プロフィールはこちら

講師:日暮一允 →講師プロフィールはこちら 

ナビゲーター:作間由美子 →プロフィールはこちら

定員:20名

会費:7,000円(税込み)

試食:りんご、いちご、レモン、みかん、ほうれん草、カブ、鶏ハム、大根などの果物と野菜

お土産:元気な土が入ったペットボトル菜園

持ち物:エプロン・筆記用具・ハンドタオル、空の2リットルペットボトル、持ち帰るための手提げ袋

 

※悪天候の影響で、野菜や果物が揃わないこともありますことご承知おきください。

※受講者人数が10名様に満たない時は中止となる場合がございますのでご了承ください。

中止の場合は事前にご連絡いたします。

※キャンセルに関しましては、仕入れの都合上、受講料全額分のキャンセル料が発生致します。

受講日 講師 お申し込み
2018/01/13 安武昭 お申し込み