当サイトはリンクフリーです

リンクについて詳しくはこちらから

Twitter FaceBook

初めての方へ

日本発酵文化協会とは

日本人は昔から発酵食と共に暮らしてきました。季節に合わせて味噌や醤油、甘酒を仕込み、旬の食材と共に楽しむ食生活を送ってきました。
床下に糠床があり、毎日かきまぜるという光景は珍しいものではありませんでした。

 しかし、便利さを追求した現代社会では、食材の「旬」という言葉が消えつつあると共に、地域に根付いた伝統食文化までも消え去ろうとしています。
ここ数年、発酵や麹といった言葉はブームとなりました。しかし、これらは今になって降ってわいたものではなく、日本に昔からある伝統食文化なのです。
日本発酵文化協会では、この伝統食文化を一過性のブームとしてとらえるのではなくさらなる日本の地域活性化と繋げながら、
現代の日本人の食生活をより良いものにするための一端を担いたいと発足致しました。

「発酵食品」の正しい知識を広めると共に、発酵食品との出会いをきっかけに皆様が自身の食生活や健康・美容を見直すきっかけとなれば、うれしく思います。

日本発酵文化協会の活動は主に3つに分かれています。

それは、「体験する」「学ぶ・伝える」「分析する」です。

体験する

味噌や醤油作りなどの実習教室、また暮らしに役立つ発酵料理レシピなどを実際に作っていただく料理教室、発酵食品の摂取方法を考える美容・健康講座、味噌蔵や麹屋見学など日本各地の発酵食文化を体験するツアーなど、実際に発酵食品に触れていただく活動です。すべてのレッスンが1回単発性となっておりますので、日本発酵文化協会にご入会いただければ、どなたでもお気軽にご受講いただけます。

詳細は、発酵教室ページをご覧ください

学ぶ・伝える

発酵食品の仕組みや効能について、体系立てて学びます。
日本発酵文化協会にご入会後、「発酵マイスター」資格取得のため、「発酵マイスター養成講座」をご受講いただきます。試験日までに発酵教室必須科目(4科目)をご受講いただき、レポート・試験をご提出後、合否をお知らせ致します。合格後は、日本発酵文化協会認定発酵マイスターとしてご活躍頂けます。
発酵マイスターとしてご活躍する場をご提供または支援させていただく仕組みもございます。
さらに日本発酵文化協会にて発酵マイスター講師として活躍されたい方のための「発酵マイスタープロフェッショナル養成講座」もご用意しております。
発酵の伝導師として、日本の発酵食文化を盛り上げていきましょう。

詳細は、発酵マイスターページをご覧ください

分析する

日本発酵文化協会では、東京農業大学 醸造科学科 柏木豊教授監修の元、日本の発酵食の研究発表を行っていきます。古くから地域に伝わる発酵食品を科学的に分析することによって、日本の発酵食品を後世に残すお手伝いを致します。 
 また、日本発酵文化協会認定の発酵マイスターや発酵マイスタープロフェッショナルの方々向けの研究会も開催致します。