特別講座>>【特別教室】 「微生物の働きが分かると人間も植物も元気になれる! 健康な土壌で育った野菜を食べよう」
【特別教室】 「微生物の働きが分かると人間も植物も元気になれる! 健康な土壌で育った野菜を食べよう」

私たちが美味しいと思う野菜はどのような野菜でしょうか?

人は安心か否かはどのように判断するのでしょうか? 

実はそれを判断できる方法が1つだけあります。

それは肥料の窒素成分です。

土壌には無数の微生物が生息しています。

一握りの土の中に数億の微生物が存在するといわれているくらいですから、当然その中には良い菌もいれば悪い菌もいるでしょう。

またせっかくの良い菌も土の管理や化学肥料などによって消滅してしまうこともしばしば。

ではどのような土壌が健康といえるのでしょうか。

土壌の環境は私たちの腸内環境とおなじようにバランスが大切なようです。 

今回は農作物の生産者さんに土壌作りに必要不可欠な微生物の働きを指導されていらっしゃる、元気な野菜が育つ土壌作りのエンジニア、安武昭さんと日暮一允さんをお迎えいたし、健康な土壌とは、またそこでできた野菜についてお話をおうかがいいたします。

もちろん当日は島原、長野、福岡から産直の美味しい野菜をみなさんにいろいろと食べていただき、本来の野菜の美味しさを体感していただきます。

またちょっとした実験も。

みなさんが美味しいと思われる野菜の基準はなんですか? 

それは甘い野菜ではなく、また食べたいと思える野菜ではないでしょうか。と安武さんは問いかけています。

さあ、微生物のメカニズムを知って、美味しい野菜を食べて、環境づくり美人、腸内美人を目指しましょう。お土産付

(写真はイメージです。)

受講日 講師 お申し込み
ただいま講座予定はありません