当サイトはリンクフリーです

リンクについて詳しくはこちらから

Twitter FaceBook

アンテプリマ

こんにちは。フィレンツェに短期留学中、
発酵マイスター2期生、松尾かほるです。

パソコンで必死に打ち込んでます!が、
左腕の上に家の猫が乗ってます。しつこく動かないので困ってます。
・・・さて今回は、この時期に各エリアで集中的に行われる、
今年リリースされるワインのお披露目の場所である
「アンテプリマ」に行ってきましたので、そのレポートです。
DSC05277
私は2月18日に、
「ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノDOCG(白ワイン)」の
アンテプリマが行われたサンジミニャーノへ行ってきました。
サンジミニャーノは塔の街です。
小さいですが、とてもかわいらしく沢山の観光客が訪れる街です。

DSC05279
余談ですが、ポッジボンジという街を経由して
プルマンという大型バスで向かいます。
このポッジボンジまでの普通便が、
トスカーナの美しい丘陵地帯を上り下りして
1時間半近くかけて向かうのですが、道はくねくね、がたがた。
地獄の1時間半でした・・・。
しかし景色がとてもとても美しかったです。
DSC05269

アンテプリマは、ワイナリーがワインを世に紹介する
ジャーナリストや自分たちと取引のあるエノテカを招待するのが
一般的ですが、場所によっては一般客も参加できるのです。

個々のワイナリーでワインのリリース時期は違うと思いますが、
早い時期に一斉にお披露目しているので、
ぐっすり眠っている子を叩き起こすような感じです(笑)
なので、白濁していてにごり酒のようなのもありました。539689_470879806293162_1420477660_n

香りや味が落ち着いていない状態が多い中、
プロの方々はこれらから今年のワインの出来を確かめたり・・・。
すごいお仕事です。
もちろん、すでに市場に出回っているワインも持ち込んでいますので、
同じ銘柄のワインを垂直で試飲できたりする、
ワイン好きにはたまらなく美味しいイベントだと思いました。

アンテプリマなど初めての経験だったので、一人で潜入?して
最初は舞い上がり、注がれるもの注がれるもの
いちいち全部飲み干してしまいました(汗)
(もちろんそんなのでは1時間も持たないです)

ワイナリーの方に何か感想を言わないといけないのだろうか・・・
と超絶焦ったり。
それなのに最初は「Buono!」しか言えなかったり・・・。

結局、日本人女性が一人で試飲に来てるので、
日本と取引のあるワイナリーさんは「どこから来たの?」から
始まって、そちらの方に話が流れていくので助かりました(笑)
DSC05278

あるワイナリーのお兄さんは、
持ってきたボトルを持ち帰るのが嫌なんだと言い、
試飲なのにびっくりするほどなみなみと注ぐので思わず爆笑しました。
彼はそのあとは余剰分を知人にどんどん配り、
雑務をお手伝いしている人に配り・・・。
こういうおおらかなところがイタリアだな~と
思わずにはいられませんでした。

コメントは受け付けていません。