当サイトはリンクフリーです

リンクについて詳しくはこちらから

Twitter FaceBook

醤油の味に魅せられて・・・

1
ご機嫌麗しゅう~ねこへび

変換機能が 最近を打ち込もうとすると『細菌』になったり

曜日を打ち込もうとすると『(菌)』となってしまう今日この頃・・・得意げ

2013醤油教室第一回目1月19日(菌)講師は作間由美子先生ドキドキでした。

醤油と言うものを仕込むなんて やはり凄い事。並ぶ味噌は『手前み

噌』と言う言葉があるくらいですから 昔は各家々で作られたもの。だとしても

なかなか今では 味噌も自宅で!なんてないのが今。

でもですね、なんか・・・思うんですよ 今だからこそ やるべきであり、知るべき

ちょっと面倒くさいことほど やるべきなんじゃないかと。

ま、さすがに醤油も仕むべき

とは言いませんが

醤油本来を日本人ならば知っていても損はないと思うのです。

あ、あれあせる何を伝えたかったんだったかな・・と。

醤油を仕込める

なんて素晴らしいビックリマークと言いたかったのです。

はい。醤油にもいろいろりますね。

2

濃口、淡口、再仕込み、たまり、しろ、加工。

舐めて知る!

地方によって様々な醤油ですが

何故に関東は 濃口を好まれ 関西は淡口を?

濃口醤油が発達した関東では かつお、マグロの赤身の魚が捕れ、

香りの強い濃口の方が相性が良く、

対して関西では 鯛、かれい、アマダイといった白身魚が豊富で

それらを引き立てる淡口が好まれた。と知りましたかお

ちょっとした事ですが 知ると楽しい豆知識アップ面白いので

これからも調べてみようと思いました。

3

同じ時期に 仕込まれました醤油達ではありますが

何故か個性が現れる・・・。

色も味も全て 育つ環境で・・・。

親に似る。飼い主に似るんだと思いますえっ(笑)

お勉強も大切ながらも 食べて学ぶが 一番!?

 

4


5

ランチを出した時に 嬉しいのが

『わぁ~!!凄い美味しそうニコニコ』と皆さんが喜んでくれた時ドキドキ

作ったのは 料理長なんですけど(笑)

何故か嬉しくなる瞬間だったりします。
日本発酵文化協会  発酵教室
さてさて・・・

昨日は 『発酵サミット』に足を運んで参りましたので

少しばかりまたブログアップ致しますねにひひ

コメントは受け付けていません。