当サイトはリンクフリーです

リンクについて詳しくはこちらから

Twitter FaceBook

ビールの発酵を学ぶ~コエドビールと発酵食のマリアージュの会~

日本発酵文化協会 スタッフのソーエ久しぶりの登場ですA・ソーエ

4/7に特別講師コエドブルワリーのビール職人 松永将和氏をお呼びして
コエドビールと発酵食のマリアージュの会を開催しました。
0b23

「COEDO(コエド)」は埼玉県のコエドブルワリーが作る地ビール
0b15

「日本人の舌にあう、きれいなビールを作りたかった」と

ドイツ人ブラウマイスターにビール醸造を学び、7年半ビール職人として従事。

ビールについて熱く語っていただきました。
0b18

コエドビールの5種類のビールに使われている麦芽
0b20
サワー、キャラメル、ピルスナー、ブラック、ヴァイツェンなど
このまま食べさせて頂いたのですが、美味しいんです!
私たちはポリポリといただきました。

こちらはホップ
0b21
ホップというのは花で香りをつける役割をしています。

ホップの臭いをかいだり、
麦芽の甘さを体験する実験をしたりビールの奥の深さを体感。
0b19

そしてお待ちかねの試飲タイム
0b16
コエドビール5種類は、麦やホップ、イーストの割合で個性があります。

まずは香りを体感
0b17
ふくよかなフルーティの香りが漂います。

これは白-shiro-の割合
01_04

0b14

これは紅赤-Beniaka-の割合
01_06

なんと!石焼した埼玉川越産の紅赤芋が使われています。
0b12
日本らしいビールですね。

そしてお待ちかねの乾杯&実食
0b08

コエドブルワリー松永氏と豆種菌 長野料理長のマリアージュ

どのビールがどのお料理に合うかと計算された素晴らしいメニューでした。

パンも長野料理長の手作りのヨーグルトパン
0b13

コンカイワシバター
0b10

塩麹オリーブオイル
0b11

瑠璃-Ruri-
01_02

前菜 
ズワイガニとリコッタチーズのトマトファルシ
こんか鯖のクリームチーズソース
0b09
食べることに夢中で、中身を食べるのを忘れてしまった大失態、、、
ズワイガニとリコッタチーズのマリアージュも最高!
トマトが甘くて美味!

白-shiro-
01_04

麹マリネ帆立とスモークサーモンのサラダ
白みそペッパードレッシング
0b07
白みそペッパーは斬新!
タタミイワシがいいアクセント!

フグ卵巣ぬか漬けの冷静カッペリーニ
0b06
フグの卵巣は珍味中の珍味!
カッペーリーにと合うんです!

伽羅-kyara-
01_06

鶏の発酵出汁ふろふき大根
麹レバーペースト添え
0b05
レバーペーストとは驚き!

麦麹漬け海老真丈の揚げ春巻き
根セロリピューレと桜塩添え
0b04
丁寧な仕事です。

漆黒-Shikkoku-
01_05

COEDOビール漬け牛バラシチュー
0b03
トロトロホクホクのシチューとのマリアージュ

紅赤-beniaka-
01_06

甘酒スイートポテト
発酵バタークレープ包み
0b02
ビールとデザートって合うんですね〜

先生を囲んで楽しい会食タイムとなりました。
0b
みなさんからいろんな質問があって、
関心の高さに松永氏もおどろいていらっしゃいました。

参加したみなさんと
0b01

大変素晴らしい講義でした。

なんと次回は夜に開催されるとのこと。

日本発酵文化協会HPでお知らせ致しますのでお楽しみに!

コメントは受け付けていません。